歯科麻酔の持続時間

歯科治療の際の麻酔の持続時間

歯科での麻酔が効いている時間

歯科で治療や抜歯をする際に、麻酔をすることがありますが、治療後になかなか痺れた感じが取れなないことはありませんか。その種類は3種あります。治療する歯の状態や患者の年齢などによって、使う種類や量に違いがあります。子どもの場合には、大人の量の半分を注射します。その効果は1,2時間になります。大人の場合は1~3時間程度でその効果は切れます。また、親知らずの治療やなかなか効かないような場合には、伝達麻酔を使用することが多く、その効果は半日程度になることもあります。効き目は患者の体質などによっても違いがあります。注射をする前には、痛みを和らげるために、歯茎の表面に塗る薬もあります。効き具合や痛みなどが心配な場合は、歯科医にたずねてみることをおすすめします。

歯科で施される麻酔の種類。

歯科で治療を受ける際必ず麻酔が使われます。歯茎に注射でぶすっとされるのは決して気持ちの良い物ではありませんし、治療の痛みを感じなくさせるためだとわかっていてもその注射自体が痛いので、どうしても気持ちが重くなります。最近では、表面麻酔法という方法があり、注射を打つ場所に表面が麻痺する薬を塗るのです。そうすれば注射の痛さを感じずに済みます。この方法を施してくれる歯科は良い先生かと思われます。それでもいきなり注射を打たれる場合がまだ多いですが、最近は細く切れの良い針が開発されたそうです。下あごの奥は比較的効きにくい箇所なので、浸潤法で脳から出た神経が下あごに向かう途中に注射し、広範囲を麻痺させる方法をとります。下や唇など広範囲に長時間効くので治療後の痛みも感じずに済み鎮痛剤も少なくて済みます。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科治療の際の麻酔の持続時間 All rights reserved